一人で旅をしてみたい方必見! 一人旅をする際のメリットとデメリットについて

旅行のなかで、もっとも自由度が高いのが一人旅です。かつては男性の一人旅が多かったですが、最近では1人で旅行する女性も増えており、大きなブームになっています。そんな一人旅には、メリットとデメリットがあり、もし一人旅をしたいなら、トラブルを避けるためにも、メリットとデメリットを理解しておく必要があります。

一人旅は自分のタイミングで自由に旅行できるところがメリット

一人旅のもっとも大きなメリットは、すべてを自分で決められる点です。いつ、どこに、どうやっていくのかという計画を自分の好きに計画できるので、他人を気にすることなく自分が行きたい場所だけを回れますし、好きなだけ寄り道することもできます。

また、他人と相談する必要がないので、思い立ったらすぐ旅に出ることができます。日程調整などをする必要もないため、休みのタイミングが合えば、大型連休などを避けて公共交通機関などが空いている時期に一人旅に出ることも難しくありません。

すべてが自己責任になるため事前の準備が重要

一人旅をする上で避けられないデメリットは、旅行のすべてが自己責任になるという点です。だれかと一緒に旅行する場合、トラブルが起きたときに相談したり協力したりする相手がいますが、一人旅の場合、すべて自分だけで対処する必要があります。もちろん、旅に慣れていれば、ある程度のトラブルが起きても冷静に対処できるかもしれません。

しかし、はじめて一人旅をする場合は、トラブルに遭遇したときにちゃんと対処できず、ひどい目に合う可能性が高くなります。そのため、はじめて一人旅をするときなどは、トラブルに遭遇する危険性を少しでも減らすため、事前にしっかり準備して旅行に臨みましょう。

一人旅をするときはメリットとデメリットを把握した上で計画を立てよう

一人旅をするときは、メリットとデメリットをしっかり把握した上で計画を立てましょう。とくに、自由に旅行できるからといって、あまりにも無計画に一人旅をすると、トラブルが頻発して旅行が楽しめなくなる可能性があるので、事前の準備はしっかりしておきましょう。